公益財団法人宮田心臓病研究振興基金 Miyata Cardiac Research Promotion Foundation

こどもの心臓病

 こどもの心臓病の多くは生まれつきの心臓病です。100人に1人の割合で心臓病の子供が生まれますが、ほとんどの症例を手術で完治させることができます。しかし、現在なお、生後一ヶ月以内の心臓手術は20-30%の死亡率です。生後一年以内の心臓手術でも4-8%の死亡率があります。 故 理事 横山 正義 (東京女子医科大学 名誉教授)
故 理事 横山 正義
(東京女子医科大学 名誉教授)
 心臓手術には人工心肺が必要ですが、小児用の人工心肺は現在なお多くの問題を含んでいます。小児のための安全な人工心肺装置の開発は大切です。同様に小児用人工弁、人工血管、心臓ペースメーカ、電極なども開発が遅れています。日本ではやっと心臓移植が始まりましたが、小児の心臓移植は現在なお許可させていません。小児のための移植治療、再生治療もきわめて大切な問題です。また夢のような話ですが、胎児のうちに手術して心臓病を治療し、遺伝子治療によって重篤な心臓を直すことも近未来の課題と思います。
 出生率が低下しているわが国において、子供がみんな健やかに成長することは、その家族のみの幸福にとどまらず、国家の発展にかかわっています。子供の心臓病を予防し治療する姿勢は日本のみならず、すべての国の急務です。当財団の趣旨はこの線に沿って微力ではありますが子供が将来幸福になるように世界に貢献したいと思っています。 
平成28年度 事業計画書・収支予算書
度事業報告書・財務諸表

財団概要

公益財団法人 宮田心臓病研究振興基金
〒541-0052 
大阪府大阪市中央区安土町2丁目3-13
大阪国際ビル3階
TEL:06-6262-8900 / FAX:06-6262-8900